【似顔絵ジャパン】似顔絵ポータルサイト http://www.nigaoe.jp

似顔絵ジャパン www.nigaoe.jp

【似顔絵ジャパン】
似顔絵描いてもらった人も嬉しそう、描いた人も楽しそう。そんな似顔絵の世界を楽しんでくださいね。

【百科事典】 横尾忠則

横尾忠則 とは
横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、兵庫県西脇市生まれの美術家、グラフィックデザイナー。西脇市名誉市民。 幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。死の世界に憧れを抱く。神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。三島由紀夫に出会い三島の「聖俗一体」的言動に触発される。三島の死をきっかけにその後の15年間をオカルティズムや神秘主義まで包括した精神世界に傾斜してゆくが、それらが大いなる錯覚だったと気づき「私」の探求の延長線上で絵画に出会う。精神世界と絵画は全く別の存在だと考えていたが、後にこの両者が自分すら知らない深いところで結びついていると感じるに至る。。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。長女の横尾美美も美術家。 1936年 - 兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に成瀬光政とツヨの次男として生まれる。

似顔絵情報ポータルサイト【似顔絵ジャパン】 http://www.nigaoe.jp

表示情報の著作権等はそれぞれの検索情報を提供して下さっている検索元企業さま方に帰属しております。